ストーリー

STORY(序章)

ストーリー

夜明け前の日立の海の夜空に、オレンジ色に輝く日立の地主神・星の神様「甕星香々背男」(テノール)が、
今日の一日、市民の幸せを願い歌っている。
やがて太陽(ソプラノ)が昇り、人々が目覚め、活動がはじまる。日立の巨樹スダジイが生える広場に、
子どもたちが遊びにやってくる。にぎやかな声に誘われて、スダジイの精霊(スダ爺・バリトン)が、おもわず飛び出す。
驚いた子どもたちだが、すっかりスダ爺と仲良しになり、
スダ爺の持つ七つの玉手箱(日立モーターの形をした)におさめられた、
日立の1500 年間の説話が歌や踊りとなって現われ、子どもたちは感動するのである。
さてどんな物語が飛び出してくるのでしょうか・・・。

第1幕の構成と内容

■序曲「日立の夜明け」甕星香々背男(みかぼしかがせお)と太陽の二重唱
■プロローグ日立の巨樹「スダジイが生える杜」(我らの日立ソロ)
■第1の玉手箱「泉が森」(児童の作詩による歌と踊り)と「小貝浜」(金色姫)
■第2の玉手箱「ささら踊り」(お囃子のオーケストラ伴奏による踊り)
■第3の玉手箱「水戸光圀・七夕磯・暇修館(かしゅうかん)(興芸館)・市の鳥ウミウ
■大窪詩仏の漢詩(現代語訳)による大合唱曲「桜」

「ささら」踊り

第2幕の構成と内容

■第4の玉手箱「近代の日立を創った人」久原房之助(くはらふさのすけ)と関右馬允(せきうまのじょう)と小平浪平(こだいらなみへい)
■第5の玉手箱「日立風流物を謳う」(お囃子のオーケストラ伴奏による合唱)
■第の玉手箱「日立市の誕生と戦争被害と鎮魂歌」(ソロと合唱)
■第7の玉手箱「自然と人間の共生」(ヒカリモソロと合唱)
■終曲「日立の未来」大合唱曲「わが日立」)と子守歌「おやすみ日立の児ら」(ソロ)
■エピローグ「甕星香々背男とと月」二重唱「我は明かりを照らそう!」

日立鉱山

台本制作・作曲

SCREENPLAY / COMPOSITION

仙道作三

仙 道 作 三 秋田県出身 台本制作・作曲家・演出家・エッセイスト

■Profile
1945年秋田県羽後町の農家に生まれ、1960年中学校卒業後集団就職で日立に就職。
1964年、19歳でクラッシックギターを習い始める。1966年、禁じられた遊びで有名なナルシソ・イエペスのギターリサイタルを日比谷公会堂で聴き、プロの道を目指し、音楽理論を独学する。
1971年、東京芸術大学教授作曲家故柴田南雄氏(文化勲章受章)の門を叩き直弟子となり、音楽理論を4年間学ぶ。
同時にピアノを独習。西洋史、日本史、哲学、宗教史、英語、古典文学、現代詩、俳句、短歌、書道、絵画、彫刻など、あらゆるものを学び西洋文化と日本文化の教養を身につける。
1978年、フルートとギターのための3つの対話の上演。柴又帝釈天本尊出現200年記念委嘱作品オラトリオ「インドラ讃歌」の上演を期に故柴田南雄氏の元、8年間の研鑽を積み卒業する。
以後、仏教哲学、インド美学を学び、ニューヨークやパリへ遊学し研鑽を積む。
その作品は、仏教哲学とインド哲学に裏づけされ、輪廻の思想を中心に置きながら地球環境という大きなテーマを背景に持ち、オペラやミュージカルや地域活性化に一役を担っている。

■主な受賞歴・経歴
1990年 オペラ【手賀沼讃歌】で、第3回「ヌーベル文化賞」を受賞。
1993年 オペレッタ【注文の多い料理店】で第3回「宮沢賢治賞奨励賞」を受賞。
1995年 縄文ページェント【琴の湖】で、「毎日地方自治大賞奨励賞」受賞。
1997年 第11回「町づくり賞」。1998年 「自治大臣賞」。2002年 「秋田県芸術選奨」、2003年 「内閣官房長官賞」。
2002年 ミュージカル【黒媛物語】で、「岡山県芸術祭特別賞」受賞など。
2002年 国土交通省の補助事業:交響詩「利根川322」、2005年 オペラ「八犬伝」
2007年 国土交通省の補助事業:交響詩「多摩川の流れは絶えずして138」
2007年 国土交通省の補助事業:交響詩「荒川173、墨田川23.5」
2007年 ミュージカル「銀河鉄道の夜」、オペラ「与謝野晶子・みだれ髪」、オペラ「松尾芭蕉・奥の細道」
2009年 「樋口一葉・恋の和歌」、2010年「小林一茶・七番日記」
2011年 レクイエム「東北の人たちへ送る哀歌」、2013年「若山牧水・みなかみ紀行」
2014年 シアターピース「筑波の聲」、2015年「オペラ「恵信尼さん」
2015年 オペラ 石川啄木と妻・節子「小天地」、2016年 オペラ 正岡子規「病床六尺に生きる」
2016年 オペラ「関東の親鸞さん」、2017年 オペラ 若山牧水・『水の声』

PAGE TOP